矯正治療の流れ

治療の流れ

画像

矯正治療の流れ

治療方法や期間は一人ひとりに合わせてオーダーメイド

「歯並びを治したい。」そう思った時が一番のタイミングです。当院では、治療を始める前に患者さんと充分に話しあい、納得していただいた上で、もっともふさわしい治療計画を決定します。

【 STEP1 】

初診相談( 無料 )

初めての来院時には、何かと不安も多いことでしょう。悩みや気がかりな点をしっかりヒアリングさせていただきます。その上で、簡単な診査を行い、治療が必要か否かを判断。治療方針、治療費などについてご説明します。当医院では無料相談とはいえレントゲンやCT撮影によって確定診断をすることによって治療方針を確実に診断していきます。

step1

【 STEP2 】

精密検査診断のための資料採取

矯正治療に先立って、あごや歯の型、口の中や顔の写真、矯正用の特殊レントゲンなど診察に必要な資料を作成します。当医院では初診時に無料でレントゲンやCT撮影により3D映像で詳細に分析をします。

矯正治療の検査

【 STEP3 】

資料分析・診断

資料をもとに分析。診断の上、治療計画を立てます。

矯正治療の分析

【 STEP4 】

診断結果報告と治療方針

診断の結果と治療方針、治療費などについて詳しくご説明します。治療方針、治療費見積りをお渡しし、ご了解をいただいた後、治療を始めます。

治療期間は人それぞれ様々です
症例により最適な治療開始時期までの間、装置無しで観察するケースもあります。矯正装置のための歯型をとらせていただきます。

矯正治療の診断結果

【 STEP5 】

装置装着 動的治療開始

この時期から装置を入れ、歯やあごを矯正していきます。子供の矯正治療では取り外しができる矯正装置を使って顎を拡げたり上下の顎のズレを矯正治療します。大人から矯正治療では歯を動かす矯正治療をします。

矯正装置矯正装置

【 STEP6 】

動的治療修了

歯やあごを動かした矯正装置を外します。

【 STEP7 】

保定開始

動かしたあごや歯並びが安定するまで保定装置(固める装置)を入れて固めていきます。食事中は外すことができます。

【 STEP8 】

保定終了 矯正治療終了

あごの骨が固り、咬み合わせが安定すれば治療は終了です。

画像

① 受け口

「受け口のイラスト」の画像検索結果

受け口は、いわゆる反対咬合(はんたいこうごう)です。下の歯が上の歯の前に出てしまって、咬み合わせが反対になっている状態です。

奥歯に虫歯が生じやすくなり、サ行やタ行の発音が不明瞭になってしまう場合があります。

治療方法は大人からの矯正治療と子供からの矯正治療では方法が異なります。

 

大人から矯正治療をするとなると上下の顎の大きさの違いや凸凹を伴うことによって健康な永久歯の抜歯や長くなった下顎の切断手術が必要になってしまいます。

子供の時期から矯正治療をすることで下顎の成長のコントロールや上顎の拡大によって凸凹を最小限に抑えることによって健康な永久歯の抜歯や顎の切除手術の必要がなくなります。

画像

② 開咬

「出っ歯のイラスト」の画像検索結果

開咬(かいこう)とは、奥歯を噛んでも前歯や横側の歯の上下に隙間ができてしまい、きちんと咬み合わせることができない状態です。

咬み合わせがズレてしまっているため、前歯でものを噛み切ることができませんし、通常よりもものを咬むときに使う咀嚼筋(そしゃくきん)という筋肉にかかる負担が大きく、顎関節症のリスクも高くなります。審美的な問題ばかりか、健康面に与える影響も少なくありません。

開咬の症状は前歯に表れることがほとんどですが、まれに横側に見られます。

 

大人から矯正治療をするとなると受け口同様に上下の顎の大きさの違いや凸凹を伴うことによって健康な永久歯の抜歯や骨の角度を変えるため上下顎の切断手術が必要になってしまいます。

子供のうちに顎の大きさをコントロールすることによって健康な永久歯を抜いて治療をすること無く治療を行うことができます。開咬の治療は体の成長を観察しながらの治療が必要です。矯正治療の専門病院での治療をお勧めします。

画像

矯正治療の時期

子供の矯正治療は、顎の成長期や永久歯に生え変わる時期の6歳から10歳にかけて矯正治療をスタートするのが適切といわれています。

完全に永久歯になってしまってからでは、歯を整えるために必要なスペースを作るため、抜歯や手術が必要になることもあります。 乳歯がある段階であれば矯正器具によってスペースを作ることもできるので、永久歯を抜歯せず矯正治療をすることができます。なるべく子供の頃に矯正を始めるようにしましょう。

また、この時期であれば顎の成長を促すことや逆に抑制することもできます。舌のクセを治すマウスピースや顎の成長を補正する装置を使用して、永久歯が正しく生えるためのスペースを確保することが可能です。

画像

子供の歯の矯正治療法

実は矯正治療には様々な治療方法・治療装置があります。それぞれの先生の考え方によっても矯正治療の装置は違ってきます。または費用や期間も異なります。「矯正治療の期間をなるべく短くしてあげたい」「目立たない矯正装置にしてあげたい」など、子供を思うと様々な要望があると思います。カウンセリングの際には遠慮なくお問い合わせください。