子供の矯正治療

子供の矯正治療

画像

子供の矯正治療について

 

子供の歯並びが悪いと感じたら、多くの親御さんはそれを何とかしてあげたいと思うでしょう。子供のうちに矯正治療することには、さまざまなメリットがあります。ただ、そうはいっても歯の矯正治療は決して安価にできる治療ではありませんし、どのような治療法があるのかもよく分からない。という方も多いと思います。

子供の矯正治療のの目的は、歯並びを整えることです。歯並びが悪いと虫歯や歯周病などさまざまな問題が起きる可能性があります。しかし顎の発育を整えるという目的もかねています。顎の発育不全は、咀嚼だけではなく、滑舌や顔のかたちまで劣化させることもあります。

3歳児の顎の骨の中では永久歯が大人と同じサイズで存在しています。(写真写真写真写真写真写真写真)よってこの頃に隙間がなくて乳歯が生えている場合には骨の中では永久歯が凸凹や八重歯の状態で配置されてしまいます。大人になってから歯の矯正治療するとなると、外科的な手術や健康な永久歯の抜歯が必要になってしまう場合もあるので、子供のうちに顎の大きさや上下の顎のズレを治療しておくことをおすすめします。子供のうちに矯正治療をすることによって外科的な手術や健康な永久歯の抜歯をすることなく矯正治療を進めることができます。

 

矯正治療が必要な歯並びと、子供の矯正治療を行うベストな時期について。

 

悪い歯並びの種類と治療の時期

悪い歯並びにはさまざまなパターンがあります。どんな状態があるのか、例を紹介します。

 

画像

① 受け口

「受け口のイラスト」の画像検索結果

受け口は、いわゆる反対咬合(はんたいこうごう)です。下の歯が上の歯の前に出てしまって、咬み合わせが反対になっている状態です。

奥歯に虫歯が生じやすくなり、サ行やタ行の発音が不明瞭になってしまう場合があります。

治療方法は大人からの矯正治療と子供からの矯正治療では方法が異なります。

 

大人から矯正治療をするとなると上下の顎の大きさの違いや凸凹を伴うことによって健康な永久歯の抜歯や長くなった下顎の切断手術が必要になってしまいます。

子供の時期から矯正治療をすることで下顎の成長のコントロールや上顎の拡大によって凸凹を最小限に抑えることによって健康な永久歯の抜歯や顎の切除手術の必要がなくなります。

画像

② 開咬

「出っ歯のイラスト」の画像検索結果

開咬(かいこう)とは、奥歯を噛んでも前歯や横側の歯の上下に隙間ができてしまい、きちんと咬み合わせることができない状態です。

咬み合わせがズレてしまっているため、前歯でものを噛み切ることができませんし、通常よりもものを咬むときに使う咀嚼筋(そしゃくきん)という筋肉にかかる負担が大きく、顎関節症のリスクも高くなります。審美的な問題ばかりか、健康面に与える影響も少なくありません。

開咬の症状は前歯に表れることがほとんどですが、まれに横側に見られます。

 

大人から矯正治療をするとなると受け口同様に上下の顎の大きさの違いや凸凹を伴うことによって健康な永久歯の抜歯や骨の角度を変えるため上下顎の切断手術が必要になってしまいます。

子供のうちに顎の大きさをコントロールすることによって健康な永久歯を抜いて治療をすること無く治療を行うことができます。開咬の治療は体の成長を観察しながらの治療が必要です。矯正治療の専門病院での治療をお勧めします。

画像

③ 出っ歯

 

「出っ歯のイラスト」の画像検索結果

上の前歯が強く前に突き出ていたり、上顎全体が前方に傾いていたりする状態のことです。または下の顎が後ろに下がっていることにより顎なしの状態になります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とも呼ばれます。外見に及ぼす影響が大きく、精神的負担を抱えてしまうケースが少なくありません。

口が常に開いた状態になりやすく、口内が乾燥してしまうことから、虫歯や歯周病になりやすい環境が作られます。また、当然食べ物を適切に噛むことが難しいため、子供の健全な成長を妨げてしまう恐れもあります。

画像

矯正治療の時期

子供の矯正治療は、顎の成長期や永久歯に生え変わる時期の6歳から10歳にかけて矯正治療をスタートするのが適切といわれています。

完全に永久歯になってしまってからでは、歯を整えるために必要なスペースを作るため、抜歯や手術が必要になることもあります。 乳歯がある段階であれば矯正器具によってスペースを作ることもできるので、永久歯を抜歯せず矯正治療をすることができます。なるべく子供の頃に矯正を始めるようにしましょう。

また、この時期であれば顎の成長を促すことや逆に抑制することもできます。舌のクセを治すマウスピースや顎の成長を補正する装置を使用して、永久歯が正しく生えるためのスペースを確保することが可能です。

画像

子供の歯の矯正治療法

実は矯正治療には様々な治療方法・治療装置があります。それぞれの先生の考え方によっても矯正治療の装置は違ってきます。または費用や期間も異なります。「矯正治療の期間をなるべく短くしてあげたい」「目立たない矯正装置にしてあげたい」など、子供を思うと様々な要望があると思います。カウンセリングの際には遠慮なくお問い合わせください。