矯正治療とは

矯正治療の基礎知識

歯の矯正治療について


年齢別の矯正治療  

 

矯正治療は、歯並びを整える治療ですが、その目的は単に見た目をきれいにすることだけではありません。

歯並びが悪くなると噛み合わせが悪くなり肩こりや顎関節症を引き起こしてしまうことがありますし、きちんと咀嚼できないことで胃腸にも負担がかかります。

歯磨きがしにくいため、将来的に虫歯や歯周病で歯を失ってしまうリスクも高まります。さらに、特にお子さんの場合はお顔や脳の発達にも関係してきます。
矯正治療を受けることでこれら多くの問題が改善され、さらに自分に自信が持てるようになれば、表情まで明るくなっていくことも珍しくありません。

歯並びのことが少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください

子供の歯の矯正(幼児、小学生)

成長期にしっかりと歯の「土台」を作っておく

成長期にしっかりと歯の「土台」を作っておく

小学生くらいまでのお子さまは、歯だけでなく顎やお顔全体が成長期にあるため、この時期にうまく成長を促してあげれば、歯がきれいに並ぶための「土台」を作っていくことができます。

歯が生え揃う頃の仕上げの矯正治療が楽になる場合や矯正治療に必要な抜歯をしなくて済む可能性も出てきます。この時期だからこそできることがありますので、早めにご相談頂ければと思います。

小児矯正

中高生の歯の矯正(中学生、高校生)

短期間できれいな歯並びを実現:歯が生え揃う頃の仕上げの矯正治療

短期間できれいな歯並びを実現

中学生や高校生は、永久歯が生え揃い、大人としての歯並びが完成する時期です。年齢的には新陳代謝が良いため、歯を直接動かす矯正治療もスムーズに進んでいきます。

将来、就職や結婚式の時にはきれいな歯並びになっているために、できるだけこの時期に矯正治療を終わらせてしまうようにしましょう。

ブラケットによる仕上げの矯正治療

この時期になると顎は既に発育が完了していますので、直接歯に装置を付け、ワイヤーで引っ張ることで歯並びを変えていきます。新陳代謝が良く治療期間は短くて済みますが、小学生までに小児矯正(第一期矯正治療)を受けていた方は、さらに短期間でブラケット治療を終えられます。

歯並びに対する意識の変化

日本では、以前は少しくらい歯並びが悪くてもナチュラルな方がいいと言われていましたが、今では歯並び対する高い意識を持つ方が増えてきています。さらに海外では歯並びが悪いと就職で困るようなこともありますので、将来、海外で活躍する可能性がある場合は、早めに歯の矯正治療をしておくことをお勧めします。

大人の歯の矯正

成長期をすぎた大人の方でも矯正治療は十分に可能です

何歳になっても矯正治療は受けられる

矯正治療は子供の時にやっておくものと思っていませんか?
もちろん、子供の頃には成長をコントロールする事が可能ですし、歯列の完成とともにいい歯並びを手に入れる事ができます。大人になってから成長はしませんが、逆に成長をしないので治療の予測が分かりやすいといったメリットや、ご本人が納得されて治療に積極的なため治療がスムーズにいくといったメリットがあります。

進化した見えない大人の矯正治療

発音に影響の少ない表からの矯正治療でもホワイトワイヤーを用いて目立ちにくい透明な装置を使った治療を行っていますので、安心して大人の方でも治療を受けて頂く事ができます。

 

画像
画像

こんな方もお勧めです

大学生のうちに矯正治療を行いたい

成人式の写真撮影に間に合う様に矯正したい

就職して落ち着いて矯正治療ができる

結婚式が近い

婚活をしている

人前で話す機会が増えた

出世して人に指導する立場になった

昔から歯並びが少し気になっていた

大人になると、様々な立場で幅広い人と接するようになります。歯並びは口元やお顔全体の印象を大きく左右するものです。
目立たない矯正方法もございますので、自分に合ったやり方で、きれいな歯並びを手に入れて頂ければと思います。
もちろん、当クリニックでは患者さま一人ひとりに合った治療方法を提案させて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療の痛みについて

画像

矯正歯科治療の痛み

矯正歯科治療の痛みについて

矯正歯科治療って痛いと思っておられる方は多いと思います。しかし、すべての矯正歯科治療が痛いわけではありません。矯正歯科治療には、①あごの骨や歯列の成長を促すしたりする治療と、②個々の歯を動かす治療があります。

①あごの骨や歯列の成長を促すしたりする矯正歯科治療では、写真のような装置を使用します


画像:ASO International

②個々の歯を動かす矯正歯科治療では、写真のような装置を使用します

まず、このうち成長期に行う、①あごの骨や歯列の成長を促す矯正歯科治療はほぼ痛みがありません。主に、痛みがあると言われているのは、②個々の歯を動かす矯正歯科治療、すなわち、マルチブラケット装置を使用して個々の歯を動かす治療の際に痛みがあります。

 

矯正歯科治療の痛みが発生するメカニズム

大人からの矯正治療で永久歯を動かす際に痛みがあるのは、歯と歯を支える骨の間に歯根膜という膜があり、この歯根膜に炎症が起こることによって痛みが生じます。このようなメカニズムで痛みが生ずることから、使用するワイヤーの改良や動かし方の工夫によって、以前よりも痛みが少なく矯正歯科治療が可能となっています。

この歯の痛みは多くは歯を動かし始めて1~7日間生ずるもので、それ以降はほぼ痛みがなく、食事の際に硬い食品などが少し噛みにくい程度、治療当初から痛みのない方もいらっしゃいました。歯の動き始めに痛みが出ますが、動く方向が一定になってくると痛みがなくなり、治療を進めて行っても痛みがないため、「本当に動いているの?」と聞かれる患者さんもいらっしゃいます。中には痛みがあった方が、歯が動いていることが実感できて良いとおっしゃる患者さんもいらっしゃるほどです。

子供の矯正治療は痛みは殆どありません。子供の矯正治療では顎のズレを誘導して治したり顎を拡げたりする治療が主な治療になります。歯を動かす矯正治療と違い炎症は起きないので痛みはありません。ときには矯正装置と歯茎があたって痛くなりますがすぐに調整することができます。

 

画像

痛みについて患者様からの声

矯正歯科治療時の痛みはどうでしたか?
装置を付けた時から、ほぼ痛みを感じず、快適に過ごしました。先に治療を始めた友人から「痛いよ」と聞いていたので、心づもりが出来ていたのもあるかもしれません。なんとなく、食べ物を、噛んだ時に違和感があったくらいでした。前歯を引っ込める治療に入ったときに、初めて『痛い』と感じましたが、2年半装置を付けていて、痛いと思ったのはその時くらいです。

痛みをどのように乗り切っていましたか?
痛みがほとんどない治療生活だったので、痛みに対するこんな工夫をした!というのがないのですが、1回だけ痛かった時は、市販の頭痛薬を飲んだのと、なるべく柔らかいもの(ヨーグルト、茶わん蒸し、うどん等)を食べていたと思います。

歯の矯正治療中のエピソードがあれば教えてください。
ワイヤーに食べ物が絡まりやすいので、自分でも気づかないうちに食べ物がついていることも。1回、ラーメンの麺が(結構長め)ワイヤーに這うように絡まっていました。


 

矯正歯科治療時の痛みはどうでしたか?
私は当院で小学生の時から治療をしたのですが、顎を拡げる治療に関しては、まったく痛みなし。中学生になってからワイヤーの矯正治療の時にワイヤーが新しくなった時は、次の日くらいまでは何か食べ物を前歯で噛もうとすると痛かったです。調整後はそんなに.痛みはありませんでした。

どのように乗り切っていましたか?
噛むときはできるだけゆっくり食べ物を唾液で柔らかくしながら奥歯で噛むようにしていました。

矯正歯科治療中のエピソードがあれば教えてください。
その日は一日部活の練習試合でした。昼食を終えて、友達と話をしている時にほうれん草が装置の周りに巻き付いていることを指摘され、とても恥ずかしかったことを覚えています。その日から、ワンタフトブラシ(小さい矯正用の歯ブラシ)を持ち歩き、食後は必ず鏡を見て食べかすが絡まっていないかチェックしてブラッシングをするようになりました。


 

矯正歯科治療時の痛みはどうでしたか?
痛みはありました。何が痛かったかというと、初めてワイヤーを付けたとき時と、初めてゴムをワイヤーに付けた時です。歯につける装置が頬にあたって痛みはありましたが、ご飯を食べている時に醤油がしみた以外は、口を動かさなければ気になりませんでした。

どのように乗り切っていましたか?
ワイヤーを付けた時は食事の時以外は、痛みがあるわけではなかったので、特別な乗り切り方はなかったと思います。ただ、食べるときに数日痛みがあったので、美味しいものを食べに行く予定はワイヤー調整時とずらしていました。

矯正歯科治療中のエピソードがあれば教えてください。
・友人とご飯を食べに行った時、トマトの皮が前歯に貼りついているのに気が付かずおしゃべりをしていました。
・治療に慣れてくると、ワイヤーの痛みより、ワイヤーの切れ端やバネが唇に当たって、痛い方が気になりました。

 

矯正歯科治療時の痛みはどうでしたか?
装置後、調整後ともに2,3日痛みがありました。

どのように乗り切っていましたか?
噛み切るのが痛かったので、食べものを小さめに切って食べていました。でも、我慢できないほどではなかったので時間が過ぎるのを待つ感じでした。

矯正歯科治療中のエピソードがあれば教えてください。
クリアーの装置で治療しましたが、装置を装着したことに毎日顔を合わす家族でも誰も気づいてくれませんでした。


矯正歯科治療時の痛みはどうでしたか?
バネの付いた仕上げワイヤーに変えた時が痛かったです。上下の矯正装置にゴムをかける時に痛みがありましたがただ、我慢できないほどではなかったです。

どのように乗り切っていましたか?
装置を着けた時と調整後に1~2日間は食べるときが痛いのでうどんなど柔らかいものを選んで食べていました。ただ、うどんに入っているネギを噛むと痛いので、具はネギ以外のものに。
痛くない歯もあるので、その歯を探して食べていました。おなかはすくので、食欲の方が勝っていました。

矯正歯科治療中のエピソードがあれば教えてください。
矯正歯科治療中のブラッシングは、歯ブラシを何本も使い分けて磨くので大変だが、終了後も磨く癖がついているのでそのままの歯ブラシの本数で使い分けて磨いているので、口の中を綺麗に保てています。

 

画像

矯正治療の時期

子供の矯正治療は、顎の成長期や永久歯に生え変わる時期の6歳から10歳にかけて矯正治療をスタートするのが適切といわれています。

完全に永久歯になってしまってからでは、歯を整えるために必要なスペースを作るため、抜歯や手術が必要になることもあります。 乳歯がある段階であれば矯正器具によってスペースを作ることもできるので、永久歯を抜歯せず矯正治療をすることができます。なるべく子供の頃に矯正を始めるようにしましょう。

また、この時期であれば顎の成長を促すことや逆に抑制することもできます。舌のクセを治すマウスピースや顎の成長を補正する装置を使用して、永久歯が正しく生えるためのスペースを確保することが可能です。

画像

子供の歯の矯正治療法

実は矯正治療には様々な治療方法・治療装置があります。それぞれの先生の考え方によっても矯正治療の装置は違ってきます。または費用や期間も異なります。「矯正治療の期間をなるべく短くしてあげたい」「目立たない矯正装置にしてあげたい」など、子供を思うと様々な要望があると思います。カウンセリングの際には遠慮なくお問い合わせください。