子供・大人の矯正歯科

子供の矯正歯科について

子供の写真

最近では顎(アゴ)や口の中の小さいお子さんが多いように思います。顎(アゴ)が小さい現代のお子さんの食事は柔らかくて高カロリーになりつつあるといわれています。よく噛まなくても体の成長には影響がなくなってきている訳です。ただし、体の成長は良いのですが、顎(アゴ)の成長が悪くなる傾向にあるようです。
当医院では子供の矯正治療をするためには、この時期に顎(アゴ)の大きさを決める準備をするとよいと思います。乳歯が口の中に存在している時期(小学生)にワイヤー治療をしてしまっても乳歯はいずれ抜けてしまいます。前歯の永久歯は並んでいても犬歯は八重歯になってしまうことはよくあります。つまり小学生の矯正治療は口の中の大きさを整えて永久歯が揃うまでの間の準備期間とすれば永久歯を抜かずに矯正治療を行うことができます。健康な永久歯はできる限り抜くべきではないと思います。大人の矯正治療では骨の成長が止まってしまい基本的に顎を広げることは困難になります。永久歯(小臼歯)を抜かずに矯正治療をするためには早期の治療をオススメします。口の中を拡げる治療の開始時期や装置は様々な種類がありますのでお問い合わせください。

歯ならびが悪いと起きること

乱れた歯ならびや咬み合わせ(不正咬合)にはいろいろな種類があり、虫歯や歯周病、発音障害などになりやすくなるといったさまざまな問題が現れます。ほかに、咬む能力の低下による胃腸障害、顎の歪みや関節障害、また歯ならびが悪くて思いっきり笑うことができない……といった心理的な障害など、心身に悪影響を及ぼすこともあります。

当クリニックの矯正治療

当クリニックの矯正治療

鏡を見て歯ならびのチェックしてみましょう。前歯ばかり見ていませんか? 歯ならびは「奥歯の歯ならび」、「上下の咬み合わせ」もすべて整っていないと健康とはいえません

咬み合わせはとても重要です。悪い咬み合わせのまま放っておくと全身にトラブルが起こることが考えられます。症状としては、まず虫歯や歯周病など口腔内に現れ、次第に頭痛・腰痛・肩こり・胃腸障害に発展する恐れがあります。咬み合わせが悪いと、顎の関節や周りの筋肉に負担がかかり、体のバランスが崩れてしまうのです。特に大人の方は成長期のお子様と違うので、全身のバランスを考えながら矯正治療していく必要があります。

当クリニックでは、患者様の全身バランスを考えながら治療にあたります。

実際に試してください

頭を右に大きく傾けて、そのまま奥歯でカチカチ咬んでみてください。そうすると右側の奥歯のほうが左側の奥歯より強く咬んでいることがわかるでしょう。日常、乱れた咬み合わせのまま左右均等に咬むということは、無意識に首を傾けているのと同じ状態になっているのです。こうした習慣によるちょっとしたズレが、体に少しずつ影響を与えていきます。

不正咬合には受け口、出っ歯、でこぼこ、開咬といろいろな種類があり、治療内容などはそれぞれ異なります。まずは詳細な検査をして、医師と相談の上使う装置や治療期間を決定します。

歯ならびが社会的評価に影響する近年、今や矯正治療は子供のものではありません。子供・大人の矯正にもさまざまなメリットがあります。当クリニックでは、矯正歯科で美しい歯と全身の健康維持を目指します。

当院では大人も子供も歯を抜かない矯正歯科治療を推奨しています

最近では歯の審美を目的として矯正歯科に通われる大人の患者様も少なくありませんが、ガタガタになっている歯並びを綺麗にあるべき状態へと正すことで、見た目だけでなく身体全体にも様々なメリットを与えてくれることをご存知でしょうか?原因不明だった身体の不調が実は歯並びによるものだったという意外な事実が発覚したケースも多々ございます。
永久歯が生え揃ってからの矯正歯科は必ず抜歯が必要だと思い込んでいませんか?千葉市にある「みどり区役所前矯正歯科クリニック」は熟練の矯正技術と非抜歯による矯正法「MEAW法」を取り入れておりますので安心してお任せ下さい。
  • PAGE TOP